スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス 最終回をアニマックスで観た。

ネタバレっていうか…みんなしっているよねw
というわけで、一部のエンディングまでのレビュー☆

後半、すごくルルーシュに入っていけて、役者目線で観てた僕はすごく楽しめました。
23話あたりまでスザクが確信持ててないんだけど、ゼロの正体にうすうす気がついていて、25話の仮面を割る銃弾を打ったときにはハッキリ確信を持った眼に変わっている。
作画のすばらしさと、スザクが躊躇無くルルーシュの頭を打ったのが凄く印象的でした。

でも、凄く、残念なのは…24話から25話(最終回)にかけての複線が一切無く、ナナリー(妹)が拉致られたことによって、エリア11もブリタニアも黒の騎士団も全てを捨てて、ルルーシュが島まで飛んでいってしまったのが凄く残念。。。最後に「スザク!一時休戦といこうじゃないか!」なんて持ちかけて欲しくはなかったなぁ…最初っからR2を予定していて書いた脚本っぽいじゃんかw


24話のアッシュフォード学園を背中に背負い、ランスロットの攻撃を防いだルルーシュの戦略はすばらしいかった。ランスロットに対して情を掛けなかったのもすばらしい。
だけど…なぜ?なぜナナリーをもっと戦場地区からはなさなかったんだ???

スザクに預けてしまうと、絶対の安全と、政権交代後の奪還が難しいから、自分の身内で生活の中心においていた学園においておいたのだろうけど…
「車椅子の少女はどうした!」なんて騎士団に聞くくらいなら、ギアスの能力使って完全護衛を立てるべきだった。
けど、そこまで完璧に弱点をなくしてしまうと、脚本がなりたたないかw

じゃあナナリーが拉致られずに、オレンジ君が追っかけてくる続きを考えてみる…

ルルーシュのギアス能力を使うカリスマ性を武器に、黒の騎士団を精神的に統一させ、ブリタニア帝国の本拠地まで徐々に進行し、追ってくるオレンジ君をC.C.に任せて、さらに進行。
ブリタニア軍の参謀クラスの人間に、ギアス能力が効く距離まで接近できたらチェックメイト。
ランスロットは拘束した時点で、スザクごと消し去ることで戦力を無効。
はれてルルーシュは世界の魔王になれる。と思う。

だけど、それからがダメか。ルルーシュの理想の「力なきものの味方」社会を構築させるには、諸外国との融和関係も大切なわけで、超大国ブリタニアが倒れたとなると、その隣国の中華共和国(劇中でそんな名前だったかな?)を始め、ほかの大国が元ブリタニアの植民地を狙って当然戦争を仕掛けてくるだろうし、ランスロットクラスの兵器やサクラダイトクラスのエネルギー物質も小型化され大量に配置されるだろうから、結局第二、第三のブリタニアが現れる。
ルルーシュ本人は母を殺した犯人をブリタニア陥落後に始末して、その後は国や政治などにはなんにも興味は無さそうだから、ゼロの存在は歴史の闇に葬られて消える。
エリア11の日本人の皆様は、黒の騎士団を始めとしたレジスタンスたちがブリタニアから開放され独立宣言を行うだろうけど、やっぱり前出したとおり、諸外国と戦力に差がありすぎる。
やっぱり、ギアスが無い限り、イレブンの皆様が差別なき平和な日々を過ごせることは厳しそうです。。。

と、すっごく軍事的シナジーバランスで考えてしまったコードギアスw
なんだか現実味がありすぎて萌えないねw燃えるかもしれないがw

やっぱ間抜けだけど、ナナリーを拉致されるルルーシュに陶酔しましょうww
R2 期待しています!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Kou

Author:Kou
世界は僕の手の中。
なんだ、意外に簡単な答えでした。

これからも精進いたします。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。