スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー戦隊シリーズ①

はい!再びこんばんわ!

今日は去年で30周年を迎えたスーパー戦隊シリーズのお話だよ☆ちょっとこの手の話題は大きなお友達向けかもしれないけど、最後まで読んでみよう☆きっと夢の扉が開いちゃうよ♪ふふふ…


今から約30年前の秘密戦隊ゴレンジャーに始まり、去年の轟轟戦隊ボウケンジャーで一つの区切りを向かえ、2007年度は獣拳戦隊ゲキレンジャーが(好評)放送中の戦隊シリーズを僕の世代から漁って見ようwww


僕が丁度幼稚園の年中の頃にやっていたスーパー戦隊は「鳥人戦隊ジェットマン」っていう作品でした。>ttp://www.super-sentai.net/sentai/jet.html

ジェットマンはレッド、ブラック、イエロー、ブルー、ホワイトの五人組みで構成されていて、レッド以外は特殊な訓練などまったく受けていない民間人です。しかも各自相当あくの強いキャラたちw
紹介してみると…

レッドホーク(天堂 竜)
砂糖ぬきホットミルクが大好きな26歳で、鳥人戦隊のリーダーで初めから任命されていた唯一の戦士であり、正義感が強く、いつも戦士として「戦いに私情(恋愛感情)を挟むな」「俺たち戦士は自分を犠牲にするのが仕事だ」などという言葉が、何のためらいもなく出る人。

ブラックコンドル(結城 凱)
趣味はバイク・サックス・賭け事そして、女の子と遊ぶこと。戦隊史上初めての設定であり。嫌いなものは男と納豆で、マッカランのストレートをよく飲む。
ホワイトスワン”鹿鳴館 香 ”を一途に愛し、何度も彼女のピンチを救う。基本的にはツッパリ・札付きのワル・キザという性格だが、心の奥底には”まじめなよい子”の性格を持つ25歳。
僕はこの人に今でもあこがれてるwだってやんちゃなヒーローなんて格好よすぎwww

イエローオウル (大石 雷太)
大食いで怪力の持ち主。料理を作るのもうまい。実家は小海湖の近く。 鹿鳴館 香(ホワイト)に憧れ、いつも彼女を見守っていた。
どうみてもカンニング竹山にしか見えない戦隊物唯一の太ったヒーロー22歳w

ブルースワロー (早坂 アコ)
三原北高校の3年生。いつも、明るく陽気な性格だが、なんでも、お金儲けに結びつけようとする癖がある。(ジェットマンになる時も時給1,500円でうけようとした。)

ホワイトスワン (鹿鳴館香 )
問題のモテモテスワン。
解説ページによると…
鹿鳴館財閥のご令嬢である彼女は、最初退屈すぎる毎日がイヤで仲間入りした。
両親はニューヨークに住んでいていつもは、じいやと二人で暮らしている。
基本的にはおっとりとした性格の彼女だが気が強く、負けず嫌いの頑張りやでもある。
また、恋愛に関して意外と執念深い事をレッドとの事で知る。
そんな彼女は、心の奥底に”ひがみっぽさ”の性格を持つ。そのことを彼女はとても悲観している。年齢は22歳。
彼女を中心に様々なドラマが起こった。(戦うトレンディドラマの別名がついた理由も彼女にあるといってもいいだろう)戦いから3年後、かねてからの念願通りレッドと結婚した。
…すごすぎるよw


ジェットマンは「男女混合チームの中での恋愛模様」を描いただけでなく、むしろそれを物語の中心に持ってきた話で。具体的にはホワイトに対し、ブラックとイエローが恋愛感情を抱く→しかしホワイトはレッドに好感情→だがレッドは洗脳されて敵組織「次元戦団バイラム」の幹部マリアとなったかつての同僚にして恋人・藍リエが忘れられない、という四角関係がストーリーの重要な部分を占めていた。

ファンの間では、戦うトレンディドラマと呼ばれています。

最終回は戦闘を15分で切り上げて、残りの15分でレッドとホワイトの結婚式を執り行います。
ブラックがその結婚式に向かう途中、ひったくりに遭った女性を救い、逆上したチンピラ(犯人)に刺され、結婚式を挙げたレッドと、公園で腹にナイフ刺さったままで語り合い、全員で記念撮影中に、一人ベンチに座ったまま立ち上がれずに死ぬ(!)という終わり方はあまりにも有名で格好よすぎw



で、なぜ今日突然戦隊ヒーローのことを書く気になったかというと、戦隊ヒーローものの演技がしたいと前々から思っていたからですwwww
…あのデパートの屋上でやっている戦隊ヒーローショーはいわゆる「中身の人」だけでいいので、バイトとかも有るみたいだからぜひいつかやってみたいのです!でも、僕は基本身長が足りないからジェットマンならホワイトかブルーの中の人しかやれないんだろうな…それでもいいや。職をくださいwww


jet_r04_c03.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Kou

Author:Kou
世界は僕の手の中。
なんだ、意外に簡単な答えでした。

これからも精進いたします。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。